main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

バッテリー交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


会社まであと1キロの踏切での出来事です。 遮断器の前に立つ、駅へ向かう人たちの横へWをつけてニュートラルに入れてクラッチレバーを開放しました。

ガツン!

衝撃とともにエンジンストップ。 ニュートラルランプは点いていたのに、ニュートラルに入っていないあれです。

エンストしたのが周囲の人たちに悟られないよう、あたかもわざと停止させたかのように平然とそのままの体勢で腕組。 電車が通り過ぎるのを待ちます。

上り線と下り線が行き過ぎたところでセルボタンを押すも、なんの反応もありません。 キルスイッチは? イグニッションスイッチそのものは? 忙しく各所に目をやりますが、どこにも異常はなし。

遮断器が上がり始め、もう一度セルボタンをしっかり押すも反応がないので、あきらめてWを降りて、押して踏切を横断します。 なんでだ?


踏切を渡り終えて道路の左にWを停めて、イグニッションスイッチを一度切って、もう一度入れます。 電気式のメーターの針がMaxに振れる儀式が、ずいぶんゆっくりです。 というかひっかかりがあります。

走行距離のデジタル表示も消えてしまいます。 これはバッテリートラブルに違いありません。

会社までWを押しながら考えます。 あのエンストの衝撃で、なにか大事なケーブルがはずれたとか? だってバッテリーに不調の兆しは感じられなかったからです。 セルの回転だって、まあ普通だったし。

「まいったなぁ なにが悪いんだろうかぁ?」

相当ブルーです。


その後、ネットで調べてみると、今のバッテリーはダメになる直前まで動作は普通らしいとのことなので、バッテリーを交換してみることにしました。 その決断をゴルフ場へ向かう車の中から、スマホでぽちっと注文です。

買ったのは、台湾ユアサのバッテリーです。 びっくりしたのは、千葉の君津にいるときに注文したのですが、買ったお店が君津だったことです。 なんたる偶然。 そのままもらってもよかったぐらいです。


早速交換作業です。

シートをはずしたところです。 四角いのはヒューズボックスです。 こいつと取り去ると、バッテリーのプラマイの端子をゆるめるための窓があけられるようになります。 



実際のバッテリーの取り外しは、左サイドカバーをはずして、左側へ抜き出します。 ボルトの頭が10ミリのものが2本、8ミリのものが2本見えるので、それをゆるめてひきはがすとバッテリーが出てくるのですが、かなり引き出しにくいです。





はずしたバッテリーの端子部分です。 白く粉をふいていました。



代わって新品のバッテリーです。 台湾ユアサは安いけれど安心できるそうなので決めました。 



プラスの端子が白々していたので、カッターの刃でガリガリ研磨しました。





バッテリーを収めて、ケーブルを接続。 ここでエンジンがかかるか試してみます。 

キュルボン!

おお かかった(^o^)

やっぱりバッテリーだったのね。 


バッテリー交換を終えたあと、2時間ほど残業して夜の9時を過ぎたあたりです。 帰り支度を終えてWを通りに出してセルを回すもエンジンに火が入りません。 

? ?

何度やっても同じです。    なぜ(@_@)

この日はあきらめて会社の車で帰りました。


翌日、いったい何が悪いのか、もう一度バッテリーまわりをばらしてみることにしました。 その前にヒューズをチェック。 問題ありません。

次にバッテリーケースの天井とも、エアクリーナーの天井とも言える部分をはずしてみてびっくり。 エアクリーナーへの導入口を、なにかのリレーがふさいでいるではありませんか。

このリレーはバッテリーを交換する際にはずれるものではありません。 つまり買った時からこの状態でしょう。 これは大問題です。 

正しそうな位置に固定します。 ためしにセルボタンを押すも、エンジンは目覚めません。

プラグか?

でもプラグレンチがありません。 南海に買いに行くか・・・


「46さん どうしたんですか?」

会社の人間が、Wにまたがって途方に暮れているぼくに声をかけてきました。

「エンジンかかんなくなっちゃってさ(*_*)」

そう言いながら、少し投げやりな感じでセルを回し続けました。

ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュル ボボボボン ブス プス

「あれ? 今かかりそうじゃなかった?」

もう一度やってみると、

ギュルギュルギュルギュルギュルギュルギュル ボボボボ ブスブルン ブルン

ブルンブルン!


おお〜 かかったじゃん(T_T)


きっとこういうことです。 ぼくはセル始動のバイクに乗るのはWが初めてでした。 今までのバイクでエンジンがかからないことがあったら、死ぬほどキックしてきました。 高校の時に乗ってたAR50なんて、靴の底に穴があくほどキックしたぐらいです。

ところがセルは、バッテリーがエネルギーを失ったらセルを回すことができません。 今回は新品のバッテリーです。 大事にしたいです。 無理できません。

そんなことから、セルを回し続けることにある種の怖れがあったのです。 回し続ければ、きっとエンジンはかかったであろうことなのですが、それができなかったというわけです。


かかってみると、今までとは全然違う始動感。

キュルキュルボン



キュボン

になりました。 蛇足ですが、ボッキュンボンではありません。

エアクリーナー導入口をふさいでいたリレーを解消したことによって、明らかに動力性能が上がったのです。 今まで横浜新道下りの保土ヶ谷トンネルを超えてからの登りの速度が間違いなく上がりました。

ラッキー♪




今日の逸品はこれ



バイク ブログランキングへ







ハンドルのぶれ いやぶれないハンドル?

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


五日市での仕事を終えて、W400で藤沢へ帰宅の途中のことです。

相模川に沿ったまっすぐな道を、右に暮れゆく空を眺めながら走っていました。 前後に車はありません。 Wの排気音だけが高い空に吸いこまれていきます。

ふと気づきました。 車体が長周期で左右に動いているのです。 右に3秒・・・左に3秒・・・ こんな感じです。

右に振れているあいだに左に動こうとすると、かなりの手応えを感じます。 路面の状況でしょうか? それともすり減ったタイヤのせい? そもそもW、というよりもTT100GPは二ブリングがきつくて、少々辟易しているところです。

この左右のブレ、直進しているときはまだいいのですが、交差点で曲がるときはちょっと怖い思いをします。 右折している途中で、左ブレから右ブレへと変わると、右にバンクさせた車体がさらに倒れこみます。 

タイヤ換えるか・・・?


さらに停止している状態から車体を倒して曲がりながら発進するときには、ハンドルが曲がらない感じを受けるときがありました。 曲がらないというかロックされてる・・・

これは相当やばい・・・


タイヤの影響でこんなことは考えられません。 考えられるのはハンドルステムの異常でしょう。


ということで、翌日ハンドルステムの状態を確認しようと、ジャッキをかまして前輪を持ち上げてみました。 ハンドルを左に切ってみると・・・

なんと途中で動きが止まるではありませんか。 けっこう力を入れないと、それ以上ハンドルがきれません。 シートカバーをかけて保管していますが、週に6日、どんな雨が降ろうが通勤で80キロ以上走っています。 ハンドルステムに水が浸入し、ステムベアリングを錆びさせたのでしょう。

早急に対応するとして、この日はCRCをぶちこんで作業を終了しました。

CRCをぶちこんだことによって、とりあえずハンドリングの違和感は少なくなったのですが、この作業によって、残っていたグリスも流した可能性が高いので、早々に修理をしなければいけません。

ベアリングを入手して交換でOKという感じですが、ベアリングレースまでいってしまっていると、ちょっとやっかいです。 ベアリングを買ったはいいけど、ばらしてみたらベアリングに問題はなかったというのも、ぼくの経済事情からは避けたい事実。 とりあえずばらして現状を確認することにしました。

ハンドルステムをばらすのに最低限必要なステムロックナットレンチですが、以前持っていたはずなのに見当たりません。 もうバイクを降りて何年も経っていたので、もしかしたら使わないだろうと捨ててしまったのかもしれません。

あほだ

自分を呪いながらネットでステムロックナットレンチを検索。 とりあえずいちばん安そうなものを2本購入しました。



さて、作業開始です。 ばらされる前のWくんは、どことなく緊張の面持ちです。 



ハンドルについているのを軒並みはずしていきます。



トップブリッジをはずしてみると、ステムロックナットがさわっただけで動きました。 ? これはどうなの? なんとなくこんな感じで作業してますって写真を撮ったのですが、どう見てもレンチの入れ方がおかしい(笑)



じゃーん 見えてきましたステムベアリング。 しかし想像に反してグリスはたっぷり感満載です。 



ボトム側も問題なしです。 グリスを落として触ってみましたが、かじり感はありません。 ではなぜハンドルの動きがしぶくなったのでしょうか?



それはきっとあのステムロックナットのゆるみに違いありません。 ロックナットがゆるんで、ベアリングを不要に押さえていたのでしょう。 よし、三つ又を完ばらしてグリースアップしよう。


そう思って前輪はずそうと思ったのですが、アクスルシャフトがゆるみません。 こんな大きい六角レンチを持っていなかったので、会社の人間に借りたのですが、それもビットのみ。 仕方ないのでそのビットにメガネレンチをかましたのですが、シャフトはゆるまずレンチが曲がってしまいました。



仕方ない、今回はこの状態でクリーンナップ&グリースアップで完了だ!

ジャッキが外れたら、ステムとフレームに指をはさんで労災じゃん! みたいな感じで作業は粛々とすすんでいったのでした。



作業を終えて試運転。 うんうん問題なさそうです。



その後数日走ってわかったのですが、だいぶ前からハンドリングの異常は出ていたようです。 低速でフラフラしていて、停止する時は倒れるWを押さえるように足を踏ん張るようなことがあったのです。 

そんな時は、「俺もずいぶん下手になったなぁ」と思っていました。 信号待ちの車の左側を抜けていくのも、すんごい行きたくない感があったのです。


それがどうでしょう。 ゴーストップがめちゃめちゃ滑らかです。 ピタッと止まって足はステップに乗せたまま、1〜2秒はそのままでまた発進なんていうのが楽々できます。 自分がうまくなったような気になります。


ハンドリングに違和感を感じる人は、ハンドルステムの整備をしてみることをおすすめします。


今日の一品はこれ

バイク ブログランキングへ







エンジンの掃除

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


毎日通勤で走っています。 雨の日だって走るわけですからエンジンが汚れます。 黒いシリンダーがしらっちゃけてしまうのですよ。 これを簡単にきれいにする方法はないのか?

ありました! フォーミングエンジンクリーナー
スプレーして、放っておいて、最後は水洗いをするだけって簡単さです。

作業前のエンジンです。



フォーミング中です。 ほんとはもっとアワアワな時があったのですが、写真を撮るタイミングを失してしまいました。



そしてこれが水で流したあとの写真です。



う〜ん(´・ω・`) たいしてかわらんぞぉ

バイク ブログランキングへ







オイル交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


走行距離8200キロから乗り始めた我がW400が、3か月で6000キロを走り、もうすぐ15000キロというところまでやってきました。 オイル交換を自分でやるのか、ショップに頼むのか悩んでいたのですが、廃オイルの処理などを考えた末にショップに依頼することにしました。

頼んだのは会社の近くのカワサキプラザ東京です。 選んだ最大の理由は、やっぱりカワサキのショップの方がいろいろいいだろうってところです。 メカ的に変わったバイクですからね、Wは。

オイル交換費用は8000円ぐらいになるらしいのですが、KAZEの会員になるとかなり安くなります。 年会費3240円かかりますが、1回のオイル交換は5700円になりますし、2回に1回のエレメント交換が無料になるそうです。 タイヤ交換も安くなるとことなので、カワサキ乗りなら入会を考えてみるのも、良いと思います。


オイル交換とは関係ありませんが、なんだか最近エンジンにオイル染みが。



エンジンブラケットのボルトから染み出ているようです。 なんなんでしょうか、これは?

さらに関係ないけど、べベルタワーの根元が変な色に。



錆び水が噴き出ているようです。 そんなことはないのでしょうが。



バイク ブログランキングへ







アイドリングとメカノイズ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


W400に乗って毎朝会社へ向かいます。

チョークを引いてエンジン始動。 WMのマフラーは静かです。



このマフラー、大きな弧を描いたあと、車体の下をまっすぐ後方へのびています。 この曲線と、それに続く直線の長さがとても美しいマフラーです。 



低速時のターンで、後輪にトラクションを与えようとしてアクセルをあけると、うるさくない程度にパンパンパンとはじけるような音がします。 



JMCA認定です。 よく知りませんが。 

昔と違ってバイクや車の改造が、ずいぶんおおらかになりましたね。



静かですが、ぼくの家は狭い住宅街の中にあるので、早朝止まったままの暖機運転などできません。 そのまま静かに走り出します。

500mほど走ったところでチョークを戻して、アイドルスクリューを少し締めこみます。 

5分ほど走ると、アイドリングが1000回転を超えるようになってくるので、980回転(気持ちの上)になるようにアイドルスクリューを調整します。

このあたりは信号の少ないすいている道です。 制限速度+10キロを守ってクルージング。 久しぶりにとまった信号でまた調整。 狙いは1000の刻みの少し下に針がくるように。 エンジンの鼓動は、ドルルッドルルッドルルッ て感じのところです。


会社まであと10キロのところで、大きな国道に出ます。 このころはすでに朝のラッシュで車も多くなっています。 ストップアンドゴーも多いけど、3車線あるので、みなけっこう飛ばしています。 

信号待ち。 タコメーターの針が1000を超えています。 またまた調整。 そしてこのころになると、エンジンの熱気にたえられない上に、空冷エンジンの無駄なアイドリングはさらなる熱上昇を呼びそうなのでエンジンストップをする時もあります。



アイドリング時にときどき気になるのが、メカノイズ。 なんだか、タペットノイズのようなカタカタカタって音が目立つときがあります。 エンジンがまだ冷めているときならわかるけれど、しっかりあったまってから、それを感じることも。 う〜ん心配だ。

タペット調整したいけれども、ヘッドカバーを開けなければいけません。 以前乗っていたXLR250は、ヘッドカバーにタペット調整用の蓋があり、すんごい気軽にタペット調整ができたのですが。



金がないので、バイク屋さんにやってもらうという選択肢はありません。 昔はバイクをバラバラにしてたのに、今はシートをはずしたことしかありません。 シートをはずすのには、工具さえ使っていませんが(笑) 

バイク ブログランキングへ







<< | 2/2PAGES |