main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

リヤサスペンション交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


実は去年の暮れのことですが……

親戚がいる小田原に向けて西湘バイパスを走らせていました。 左手には午後の日差しが海面に反射してキラキラ輝いています。 エキゾーストノートは快調ですが、エキスパンション部で相当ショックを感じます。 

「壊れるっちゅうの」

なるべく段差の少ないところを選んで走り、あっという間に小田原に到着です。

その親戚には、若いころ(今でも十分若いが)バイクに乗っていた子がいて、Wを見にいくことになりました。 

「ああ エンジンこじんまりしてるんですねぇ」

おお そう感じるんだ(小寂)

「でも いいっすねぇ」

そうだろ そうだろ♪ あれ? スイングアームになにやらオイルがついている。 なんだあれは?

そう思ったのですがそれはあとでじっくりみることにして、その場は終わりました。 嫁をのせて帰宅してリヤ回りを確認してびっくりんこ。 左のリヤショックからオイルがだだ漏れです。



まじかぁ 西湘バイパスのあの衝撃は、ショックが抜けていたからかぁ それともあれが原因で抜けたのか……

リヤショックはWPです。 今でも買えますが15万円もします。 そんな高価なものは買う余裕がありません。 

調べてみるとWPはオーバーホールをしてくれるようです。 メールで問い合わせてみると、こんな返事が


毎度お世話になっております。
お客様お使いのサスはタンク付きでしょうか?タンク無しでしょうか?
タンク無しであれば3万円前後
タンク付きであれば3万5千円前後です。
もちろん品物の状態によって左右されます。
以上、宜しくお願い致します。



3万円ならオーバーホールを頼むのもいいでしょう。 しかし問題があります。

それはスプリングの錆びです。 このショックのスプリングは、プラスティックコーティングされているのですが、それが劣化して割れており、さらにスプリング自体に錆がでてきているのです。



コーティングされているがゆえに、その錆をとることもできません。 お金をかけてもこのルックスは変わらないというのは、今一つ納得がいきません。

ということで、新しいサスペンションを物色。 ヤフオクやら楽天やらでも検討しましたが、どうやら品揃え的にはWebikeがいいようです。 その中でW400のサスペンションを検索すると、かなり安いものが発見できます。 いやこれは逆に安すぎないか?

W650でも検索してみます。 こちらだと、「サスペンションはこれぐらいするだろ」といった妥当な金額の物があります。 W400用とW650用の大きな違いはサスペンションの自由長です。 W400用は1〜2センチ短めです。

W650用として売られている物の方が自分としては気に入っていますが、シート高が上がってしまうのはまちがいありません。 今のひざも曲がって両足べったり感は捨てがたいもんなぁ

どっちにしよう? どれにしよう? 楽しい悩みの時間を幾日か過ごした結果、W650用のショックにすることにしました。 カタログデータ的には1センチしか違わなかったのと、安いショックはやはりそれなりとのレビューを読んだからです。

選んだサスペンションのメーカーはYSSです。 台湾のメーカーですが、レースにも使われているのと、オーバーホールも受け付けてくれているので、安心して使えるのではないでしょうか。

そのYSSの【SPORTS LINE リアツインショック Z362】というサスペンションで、以下の機能があります。
  • スプリングロード無段階調整
  • 車高調整:無段階(最大+10mm)
  • 伸び側減衰力:60段階調整


ボディの色をシルバーか黒で選択でき、スプリングの色を黒、白、黄、赤から選択できます。 ぼくはオーソドックスにシルバーボディに黒のスプリングを選びました。 質感はとても高めです。







WPのショックと並べてびっくり。 長さがかなり違います(;^ω^) 1センチどころではないですね……



気を取り直して作業開始。 フレームの下部にジャッキをかませて後輪をフリーにします。 作業は特に難しいことはなく、なんの加工もいらずに完全なボルトオンでした。





取り換えてみて

静的な状態では、車高が高くなったために、サイドスタンド時にかなりマシンが傾くようになりました。 ちょっとサイドスタンドに負担がかかりすぎかっていうぐらい。 ですが、今までは反対に倒れそうになるのに、相当気を使っていたので、これはこれでよしでしょう。

またがってみるとシート高が上がったのがはっきりわかります。 これは少々残念です。 これはこいつに責任は無し。 今までのサスが短すぎです。

走ってみるとあきらかにストロークの余裕ができました。 並べた写真を見ればわかりますが、見た目でストローク量が大きく違いますものね。 今までは底突きしていた路面でも、底突きしなくなりました。(今現在で4か月、3000キロほど走ったと思いますが、フルバンプした位置のオーリングは、バンプラバーに届いていません)



車高とスプリングロードはまだいじっていませんが、伸び側の減衰力を最弱と最強で乗り比べて、違いを体感しています。 ベストな位置はこれから探っていこうと思います。

一番の大きな違いはそのルックス。 今までは錆びたWPのサスが、このWの見た目を下げていたのですが、それももう解決。 ますますWに惚れていくのでした。





今日の逸品はこれ


YSS/SPORTS LINE リアツインショック 【Zシリーズ】 Z362

YSS/SPORTS LINE リアツインショック 【Zシリーズ】 Z362 W650



バイク ブログランキングへ







ミラー選び

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


クラッチレバーがどうもリリースしづらい。 ウィンターグローブと、さらにレバーに巻いたスポンジのせいだと思っていたけど、もしかしたらレバーの角度かも? 家路へ向かう前にクラッチレバーをはっしと握り、少し下向きに動かしました。

走り出してすぐにミラーが上向きなことに気づき、ぐいっと下へ向けます。 あら動かない。 もう限界下を向いているようです。 

う〜ん 見づらい・・・ 後ろの視界の下半分が見えない感じです。 そもそもこのミラーは鏡の面積は小さいし、半分腕で隠れてしまっているし、視界良好とは言えないものでした。 その上、下半分も見えないこの状態はもはや不快。

レバーの角度も下げすぎていたようなので、少々戻すことにしました。 あれ? 戻らない。 ミラーにも手をかけて、ぐいっと動かします。

横浜新道を降りて、国道1号の混雑を回避して戸塚駅をぬけ、住宅街にさしかかりました。 まっすぐ行っても、右に曲がってもいい交差点を右にターンさせます。 ここからは少し急な登り坂。 アクセル開度にたいしてエンジンの回転がおいついてこない時の、はじけるような音とともにWはかけ上がっていきます。

その時です。 突然左のミラーがぽろりと落ちました。 左腕に当り、腹の前をころがるようにして、右腕の下に潜り込むように消えていきます。

カッ カッ カリ カラララ

後方でミラーが転がっていく音が聞こえます。 ミラーのステーは首がもげた人形のような不自然さでハンドルから突き出ていました。



WをUターンさせて、ミラーを捜しながらゆっくり坂を下っていきます。 ありました。 どう転がったのか、反対側の歩道の上にあります。 拾い上げてみると、厚めに塗られた黒い塗料が2か所剥げています。 

ステーとの結合部分には、ミラーの向きを自由に動かせるようにする球体が残っていました。 これが折れたのです。 直せそうもありません。

さあ困ったぞ。 左後ろが見えないのを仮に我慢したとしても、道路交通的にはどうなるんだろうか? 買いにいかなきゃダメだなぁ・・・

幸いなことに、ここからナップス横浜店は10分ほどの距離です。 これも何かのチャンス。 もう少し後方視界の広いミラーに買い換えることにしよう。


ナップスに到着しました。 相変わらずのお客さんの多さです。 ミラー売り場を探してキョロキョロ。 ああ、ありました。 ひと島の片面だけです。 想像していたよりも、少ない品数です。 

一度ざあっと流して見ます。 ピンとくるものがありません。 今度は念入りにもう一度。 あっ これ今ついてるやつじゃん ポッシュのだったんだ 2〜3気になるのがありましたが、決定的ではありません。 こんなもんしかないのぉ ? 島の裏を覗いてみれども、そこにミラーはありません。

もう一度はじから見直します。 これでいっかなぁ 安いもんなぁ それは2000円弱のものでした。 近々タイヤを交換しなければならないので、左右買っても4000円でお釣りがくるのは、実にありがたいことです。 そのミラーを手にとって眺めます。

安っぽいなぁ

一時的な金銭感で買うと後悔するぞ

胸の右下の当りから、そんな声が聞こえてきました。 確かにそうだ。 納得のいくものを選ぼう。


こうしてミラー売り場に張りつくこと40分。 レジに持っていったのは、今までついていたポッシュのミラーの仕上げ違いのものでした。 今までのは艶ありブラック塗装でしたが、こいつはステーがステンレスのヘアーライン仕上げで、マットな感じが高級感を上げています。



後方視界?

見た目がかっこよければいいんですよ(^.^)



今日の逸品はこれ






バイク ブログランキングへ







境目

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


先日は12月なのに23度にもなる、変な天気でした。 その朝のことです。

ぼくは、テレビでその日の気温の変化を確認して、着ていく服の枚数を決めています。 今の時期だったら、10度を切るようなら上下ともに1枚追加です。 着目点は10度です。

ところがこの日の6時の気温は19度となっています。 

19度・・・

最高気温は22度です。 これはへたなものを着ていくと暑いぞ。 しかし家のなかはひんやりしています。 このひんやりは、家庭不和だからではありません。 夫婦仲はとても良好です。 

朝は、W400のカバーをはずしにいくという行程があります。 玄関のドアをあけると、初冬の寒さと叩きつけるような雨です。

ううむ 電車で行こっかなぁ

心が折れそうになりますが、午後からは晴れとなっています。 朝さえしのげば・・・

数分悩んで、やはりWで行くことにしました。 着ていく服は、帰りのことも考えて15度設定です。 

準備を終えて玄関のドアをあけると、そこは1シーズン逆戻りした世界が広がっていました。 15度設定の装備だと暑いぐらいです。 いい過ぎてしまえば「夏」です。

小降りになった雨にもうながされるかのように、春秋用レイングローブで出発です。 エンジンのかかりかたも、いつもより軽快に感じられます。

昨日モデファイして大きくなったナックルカバーが効いています。 雨はまた強くなってきましたが、この気温ならむしろ心地好いぐらい?

家を出て5分。 信号の少ない、バイパスのような道を走っているときにそれは起こりました。 60キロほどで走っているぼくとW400が、突如として冷たい空気の中に突っ込んだのです。 

バイクに乗っている人なら、誰でも温度の境目があることは知っていると思います。 山を越えたところにあったり、なにもないところでもあったりします。 それと同じ境目ではありますが、温度差が半端じゃありません。 19度から一気に9度まで落ちました。 10度の温度差です。

その境目のくっきり感も半端ないものでした。 その境目に体の中心を合わせたら、右半身は寒く左半身は暖かかったに違いありません。


その後、暖気は会社につくまでぼくとWに追いつくことはありませんでした。


バイク ブログランキングへ







ナックルカバー装着

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


厚手のグローブをしても大丈夫なようにグリップを細目にしました

ある雨の朝。 いいかげん濡れてきたグローブを見ながら、こぶしをぎゅっと握ってみると、しずくがぽたぽた落ちてくるではありませんか。 このグローブは雨用として買ったのに・・・ まあ表層は雨を吸うけど、中間層でふせいでいるのかなぁ? でも濡れてるってことは、たとえ皮膚まで水が届いてなくたって寒いのよ。 冷たいのよ。

かじかむ手を信号待ちのたびにエンジンに押し付け会社まできたのですが、もうがまんできません。 ナックルカバーをつけちゃいましょう。 ステーを自作しようしてましたが、そんなことはもう言っていられる状況ではありません。

でつけたナックルカバーです。



元はクリアなのですが、裏からブラックスプレーを吹いてあります。

左は、ステーの曲がりを伸ばしてあります。 歪んじゃってかっこ悪いけど、とりあえず目をつぶりましょう。



右はそのままつけると、ブレーキレバーに干渉するので、短いステーを追加しています。 速攻で作ったので、さび止めを塗るのを忘れて、じゃっかん錆が始まっています。



このナックルカバーは縦幅がかなり短いのですが、風よけ効果は絶大です。 まだ夏グローブでいけています。

今日のパーツはこれ




バイク ブログランキングへ







グリップ交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


ぼくのWには、樽型のグリップがついています。 前のオーナーのチョイスでしょう。 Wにはよく似合っていて、とても気に入っていました。 しかし、ぼくは手が小さいので、じゃっかん手が疲れやすい気がしているのです。



秋になり、雨が冷たくなってきました。 今までは、防風重視のグローブを使っていて、雨に降られたら濡れるがままになっていたのですが、もうそういうわけにもいきません。 


そこで、レイン用のグローブを買ったのですが、3層構造の優れものらしいのですが、層の間にすべりがあることと、厚みがあるためにグリップを握る手に力が入ってしまうのです。

通勤時間の時間強で、グリップを握りたくないぐらい疲れます。 生死に直結するぐらいの操作性の喪失です。 無理です。 この先、冬が来たらもっと厚手のグローブになるでしょう。 無理です。


ということでグリップを交換しました。 もとのグリップが全長130mmだったのですが、楽天をさがしても、かっこいいその長さのグリップは見つかりませんでした。 近所の南海部品には130mmのグリップはなかったので、仕方なく125mmのキジマのグリップを購入です。



さあ、どうやってグリップをはずすかなぁ やっぱりカッターで切るしかないんだろうなぁ って思いながら、スロットル側のグリップを引っ張ってみると、なんとほんの少しだけど動きます。 こんなんでいいのか?と思いつつ、先っぽを引っ張ったり、つば側を引っ張って無傷でグリップ撤去完了。



樽型グリップと新しいキジマのグリップを並べてみます。 すごい違いです。 どちらが男らしいかは、一目瞭然です。



接着剤をつけて装着完了。 5mm短いことによって生じたすきまから、白いスロットルコーンが見えてカッコ悪いったらありません。 マッキーで黒く塗ってごまかしました。





装着終わってハンドルを握ってびっくり。 細い! まるでハンドルバーを直接つかんでいるようです。 慣れるのに、実に1週間はかかったのでした。
 

バイク ブログランキングへ







<< | 2/3PAGES | >>