main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



タイヤを交換するにも物語があるのよ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



リアタイヤの摩耗が限界にまで到達しました。 プラットフォームが現れています。



ここまで使って感じたのは、タイヤの溝がなくなると、タイヤは硬くなるということです。

溝があるうちは、潰れるというか歪む余地がありましたが、真っ平らになれば全体的に歪むしかありません。

硬くなると路面の不整の影響を受けやすくなるようです。 ざっくり言って乗りづらくなっていました。

「ああもう限界 タイヤ交換しよう」







バイク ブログランキングへ







クラッチワイヤーが切れた!  ステンメッシュに交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



「クラッチが近い?」

帰宅途中の国道1号線を走っている時に、クラッチがつながる位置がいつもよりグリップに近いことに気づきました。 クラッチワイヤーが伸びてきているのでしょうか。

そうこうしているうちに、はじめにクラッチの異変に気づいた時より、さらにグリップ寄りでつながるようになってきました。 すでにクラッチが切れづらいレベルになっています。 これはなにか異常が起きているよ。

ガソリンスタンドで給油したついでにレバー側のクラッチアジャスターで調整しました。 かなりアジャスターボルトを伸ばして、ようやく普段のクラッチ感を取り戻しました。 これは絶対おかしい。 ワイヤーを固定している何かがゆるんでいる感じがします。 例えばワイヤーが太鼓から抜けかかってるとか。

そこから家までは特に変化を感じなかったので、そのままWにシートをかけてしまいました。

バイク ブログランキングへ







エアフィルターとサイドカバー交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



なんだか不調です。

3500回転前後で、息つく感じと、アクセル操作にリニアに反応しない症状が出ているのです。 これは燃料系か点火系が原因か?

このWを購入して2万キロと少し走りましたが、今までエアクリーナーもスパークプラグも交換していません。 まずはこれを交換して様子をみてみることにしました。

エアクリーナーとスパークプラグをWebikeで注文したのですが、そのとき一緒に頼んだものがあります。 サイドカバーです。

これはデイトナ製で、W1をイメージしたものだそうです。 純正のまるっこいサイドカバーから一転、角のあるデザインで、ウェリントンのアルミタンクにぴったり合うにまちがいありません。

まずはエアクリーナーの交換です。 上が新品、下が撤去品です。 見た目は大して変わりありません。 



Wのエアクリーナーはこんな感じでスロットインです。 簡単です。 



次にサイドカバーです。 今度は上が純正、下がデイトナ製です。 デイトナ製は黒のゲルコート仕上げなのですが、そこそこの品質です。 そこそこって言うと聞こえが悪いかもしれませんが、ゲルコートにしては、そのまま使っても十分いけます。





最近やれてきたかなと思わせるタンクの輝きと同等です。 ただ、おとせない白い点々があったので、そのうち塗ることにしましょう。

取付には、純正サイドカバーからはずしたゴムブッシングを装着して、純正ボルトを利用して取り付けます。



完成です。 サイドカバーがかなり主張していますが、やはり角感がタンクにマッチしていい感じです。



右サイド取り換え前後の比較





左サイド取り換え前後比較





上からのぞいた感じもいいでしょ?



右カバーのアルミのタンクキャップは質感高いです。

左カバーのノブは出っ張り過ぎな感じ。 ピリオンライダーにとってじゃまじゃないだろうか? これはいつか嫁を乗せたときにわかるはず。



サイドカバーなめつつのべベルタワーとタンク。 かっこいい!



今日の逸品はこれ


 



バイク ブログランキングへ







おまわりさんとヘッドライト

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


会社からの帰り道でした。 警察による事故処理を左に眺めながら減速して、信号待ちの列に並びました。 

「あちいなぁエンジン」

と思いながら少し後方に体をずらしていると、なにやら後から近づく気配が。

「ライトついてますかぁ?」

なんと、お巡りさんです。 えっ  事故処理してなさいよ。 ライト? 訊いてくるぐらいだからついてないんだろうなぁ そういえばなんだか暗かったもんなぁ

「えっ ついてませんかぁ?」
「ちょっと脇に寄せて自分で見てみなさい」

仕方なく路肩によせてサイドスタンドを出し、なぜこっちにと自分でも思いながら反時計回りに
Wの前にまわります。 ヘッドライトはついていません。

「つけられる?」
「いやあこれつきっぱなしなもんでつかないっす」
「ちょっと免許証見せて」

あぁあまいったなと思いながらカーゴパンツの左もものポケットからそろそろ退職も近い財布を取りだし、ババ抜きのカードをめくるように免許証を抜き出しお巡りさんに渡しました。

「なんだぁ ゴールドじゃないかぁ」

そんなにおどろく? 大抵の人がゴールドじゃないの?と思いながら50台も半ばを越えたと思われるお巡りさんの顔を見つめます。

「藤沢まで帰るのかぁ 遠いいなぁ」
「ええまぁ」

もうすでに3分の1は来たんで大したことないっす 横新使うし

これは声には出さず。

しばしの沈黙

「明るい道を選んで走るんだぞ」

おっ お許しモード

「はいっ!」

元気よく答えながら、横新通るんで明るいですと言おうとしてやめる。

「早く直すんだぞ」
「はいっ 明日には直します!」

あれ? 明日じゃ遅いって思ってるかな?

「できたら今日直します!」

めでたく無罪放免となり信号待ちの車の間を縫いながら左折レーンを越え直進レーンに戻ります。 


実際問題ヘッドライトがついてないのは怖いなぁ。 ポジションランプ的なものもありません。 2車線の道の左車線を走りながら考えます。 右の車線の前方にはパネルトラック。 それをゆっくり抜きにかかった時に、そのトラックが左に車線変更してきました。

「おいおい見えてねーのか?」

おそらくねーのでしょう。 ここではたと気づきました。 アップ目はつくのではないかと。 

信号待ちでハンドルを左に向けてハイビームにしてみます。 点きました。 よしコンビニでガムテープ買って光量調整だ。


翌々日(お巡りさんごめんなさい)ランプをチェックしてみると、ロービーム側のフィラメントが切れていました。 1年持たなかったのか・・・ そこでナップスへGo!  今回買ったのは車両系ランプのトップブランドPIAAです。 消費電力は35Wながら60W相当の明るさで、光の色が白いものにしました。



ナップスのお兄ちゃんによると、白は相手から認識されやすいとのこと。 交換後の明るさは今までと変わらない感じ。 色は? まあ、白(笑)
 

今日の逸品はこれ


 




バイク ブログランキングへ







K180にタイヤ交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400

タイヤの溝がもう限界。

Wを購入した時に4分山だったTT100GPが、センターの溝がなくなりまったいらになってしまいました。 4部山から15000キロは走ったので、もう交換してもよいでしょう。 いや交換すべきでしょう。

で、何に替えるかです。 TT100GPは正直絶対に嫌です。 なぜか? ニブリングがひどいからです。 

路肩のコンクリートとアスファルトの継ぎ目が怖くて、すり抜けに躊躇します。 横断歩道の白線に足をすくわれそうになります。 白線を削り取ったアスファルトの溝に、はじきとばされるほどの反動を感じます。 峠の縦溝にころびそうになったこともありました。

デザインは好きなんですけどTT100GPはだめです。 そうなるとダンロップ以外のメーカーで、クラシックデザインなタイヤになるわけですよ。 ブリヂストンではアコレードです。 井上タイヤだとGS-19ですね。

どちらも悪くないのですが、ぼくが選んだのはダンロップのK180です。 なぜこれにしたのかというと、やはりぼくのWがトラッカースタイルだからです。 それと安いのも魅力です。 



実は正確に言うとK180ではなくK180Gです。 これはグラストラッカー用につくられたものなのですが、タイヤを交換しにナップスにいったところ、これしか在庫がなかったのでこれにしたわけです。 違いはじゃっかんK180よりも幅が広いそうです。 むしろありがたいぐらいです。



交換した帰り道に、バイクってタイヤでこれほど変わるんだっけ? と、びっくりしました。 まず挙動が重い。 寝かすのも重いし、寝たら寝たっきりみたいな。 そしてパターンからくるのか前後の挙動の違和感。 これは失敗したとその時は思いました。



それから2か月たちました。

初めの違和感はすぐに解消されていました。 それどころかとても良い感触です。 心配していたニブリングは全くと言っていいほどありません。 路肩の継ぎ目なんて全く気になりません。 白線も白線を削ったあとも全然へっちゃらです。 峠の縦溝にはじゃっかんもっていかれますが、むしろどんとこいといった感じです。



気になるのは、高速でぶれたハンドルの収束に時間がかかるところですね。 そもそもTT100GPのときはぶれもしなかったのですが。



せっかくK180を入れたからには林道に行ってみなければと、箱根の白銀林道にいったのですが、残念ながらゲートがしまっていました。 その後、未舗装の道路を走る機会があったのですが、路面のでこぼこにフロントフォークのストロークがなさ過ぎて全然楽しめませんでした。

Wでダートは完全フラットじゃないと無理なのかなと思います。 タイヤのグリップ感(というかスリップ感)は、スリップしながらもグリップしてるという感じでした。



実はこのK180は、以前XLRのスーパーバイカーズ仕様(昔はモタードなんて言わなかった)にはいてました。 あの時から、結構気に入ってるタイヤでした。 パターンがかっこいいですよね。


今日の二品はこれ







バイク ブログランキングへ







<< | 2/4PAGES | >>