main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



謎の異音とオイル漏れ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ある日、ふと気がつきました。 クランクケースの右側、下の方がオイルにまみれて汚れています。 どこから漏れているのでしょうか? この間、ナップスでオイル交換をしてもらった時に、簡単な点検をしてくれていて、その時にはこんなオイル漏れなどなかったはずです。

下からのぞきこんで見ますが、老眼なのでよくわかりません。 眼鏡を持ってきましょう

バイク ブログランキングへ







チェーンカバーを交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ハンドルを交換して、車両の前方のキラキラ度は高まりましたが、車両の後方のキラキラ度とのバランスが崩れてしまいました。 車両後方のキラキラ度を高めるためには、どうしたら良いのでしょうか。

リアタイヤ周りを眺めます。 リアサスは既にYSSのショックに交換しています。 やはり次に交換するのはこれでしょう。 そう、チェーンカバーです。

今は純正のABS製らしい、もっさりしたチェーンカバーが付いています。 キラキラ度どころではありません、どんより度120です。



そもそもチェーンカバーなんてない方がかっこいい。 ぼく的にはそう思っています。 以前に乗っていたバイクは、チェーンカバーははずしていました。 ですが、なければないで、チェーンオイルが飛び散って掃除が大変そうですし、多分車検的にも何らかの規制があるのではないかと思われます。

調べてみました。






バイク ブログランキングへ







ハンドルバーを交換したい -交換編-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ハンドルバーの交換の話の続きです。

交換する前に新しいハンドルバーを重ねて置いてみました。 幅の違いがよくわかると思います。 おいおい大丈夫か? ってぐらい違います。



さて作業を開始しましょう。 まずはこのハンドルバー交換の最大の難所、グリップの取り外しです。 グリップなんてカッターで切って新しいグリップにすればいいと思うかもしれませんが、なんてったって我がWのグリップはグリップヒーターです。 今やバイクのパーツの中でもっとも大切なパーツだと思えるグリップヒーターを切り捨てるわけにはいきません。

ではどうするのか? 

ヒートガンを使います。 ヒートガンでハンドルバーを温め、グリップをハンドルバーにとめている接着剤を劣化させて取り外すのです。 気をつけるべくは直接グリップを温めないこと。 グリップがダメになってしまいます。



あぶり始めてしばらくしても、まったくグリップは動きません。 でも辛抱強くあぶること10分。 ようやく、じわーっと動き出すとすぐにスポンと抜けました。 グリップさえ取れてしまえばあとは簡単。 パキパキ外していきます。

バイク ブログランキングへ







ハンドルバーを交換したい −選び編−

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ハンドルバーを替えたいなぁ

若いころからの夢と言うと大げさかもしれませんが、スタビライザーがついているハンドルバーをつけたいと思っていたのです。 ひところニンジャの改造の定番だった(と思っている)やつです。 

替えたい理由は、もう少しハンドル幅を狭くしたいからです。 基本通勤での使用なので、今のハンドル幅(850mm)だと、すり抜けに躊躇することが多いのです。 そんなにがんがんすり抜けるつもりは全くありませんが、抜けられるけど抜けないのと、そもそも抜けられないのは大きな違いです。

今のハンドルバーは、ブラッククロームメッキです。 もう少しキラキラ度をあげていきたいと思っているので、今回のハンドルバーはクロームメッキのものか、ステンレスにしようと思います。 早速検索です。



バイク ブログランキングへ







タイヤを交換するにも物語があるのよ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



リアタイヤの摩耗が限界にまで到達しました。 プラットフォームが現れています。



ここまで使って感じたのは、タイヤの溝がなくなると、タイヤは硬くなるということです。

溝があるうちは、潰れるというか歪む余地がありましたが、真っ平らになれば全体的に歪むしかありません。

硬くなると路面の不整の影響を受けやすくなるようです。 ざっくり言って乗りづらくなっていました。

「ああもう限界 タイヤ交換しよう」







バイク ブログランキングへ

続きを読む >>






<< | 2/14PAGES | >>