main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



生地と型紙 サイドバッグ for W400

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


サイドバッグ用のステーは粛々と作業が進行し、あっという間に完成しました。



溶接が終わったあとに、ざっくりやすりをかけて、ローバルスプレーで防錆対策してあります。 これをしっかり吹き付けてあれば、本当にさびが出ないすぐれものです。 その上から、アクリルスプレーで黒に仕上げています。 この二つは、どちらも会社にあったもの。 会社がぼくの趣味を支え、ぼくの趣味が会社を支えています。


さてバッグの方はといいますと、完成イメージスケッチはこちら。



ワインが3本入る大きさの本体に、500ccのペットボトルが入るサイドポケット。 フロント面に縦のチャックでポケットがあります。 バイクからおりたときはショルダーバッグとなるように、両サイドにDリングをつけてあります。


生地はユザワヤで探してみたのですが、よいものがみつからず、ネットで発見した「サイトス・スリーレイヤー」という防水生地です。 





この生地を購入した、浅草ゆうらぶというお店は、車関係とかのDIYをやる人は、一度覗いてみることをおすすめします。

現物が届いてちょっと想像と違いました。 もう少し荒い感じを想像していたのですが、薄くて「サラッ」とした感じです。 レインコートとか、衣服をつくるのにはちょうどよさそう。 バッグにするには、これ1枚ではしゃきっとしないでしょう。

ジッパーはYKKの止水ジッパーです。 YKKの防水ジッパーには、もう1種類、ウェットスーツとかに使う用があり、どちらかというとデザイン的にはそちらの方がいいのですが、値段が高いのであきらめました。

ジッパーの購入はアマゾンに出ているもので間に合ったので、そこから購入しましたが、それでは足りない場合はどうすればよいのでしょうか? YKKに訊いてみました。 YKKでは直接販売しておらず、購入はK-ファスナーに問い合わせてくださいとのことでした。

そこでK-ファスナーさんに連絡すると、いろいろとオーダーできるとのこと。 いや、むしろいろいろオーダーしないと買えない感じです。 つまり、ジッパーとはほぼオーダーメイドの世界。 う〜ん深い。

ところが納期が1か月ほどかかるそうです。 今回はそんなに待っていられないので、丁重におことわりしました。


イメージから型紙を制作します。 かばんをつくるのは初めてなので、生地やファスナーの組み合わせ方を頭の中で、練りに練ります。 これは将棋で何手先も読む感じです(将棋はしませんが)。


切り出した型紙群はこちら。



型紙に、縫う時の注意事項とかも書き込みます。



そして切り出された生地はこちら。




裏地として、帽子を作ろうと買っておいた厚手の綿を使うことにしました。


今回買った生地はこれ


バイク ブログランキングへ







コメント
コメントする