main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



50000キロ越えた ブレーキ交換だ! -前輪編-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



リヤブレーキに続いてフロントブレーキ周りの交換を始めます。交換するのはブレーキホース、ブレーキパッドです。ついでに5万キロになった今まで、まったくノーメンテナンスだったブレーキキャリパーのオーバーホールと、ピストンシールやブレーキフルードも交換します。



まずはブレーキキャリパーをフロントフォークからはずします。ブレーキパッドをはずして厚みを確認すると、ほぼ交換推奨厚になっていました。ブレーキパッドがはずれたらキャリパーのピストンをはずすのですが、手で引っ張り出せません。プライヤーなどでやるとピストンの表面に傷がつき、ブレーキフルードが漏れ漏れになってしまうので決してやってはいけません。エアーガンで押し出すのが常套ですが、それもないのでブレーキフルードで押し出すことにします。




バイク ブログランキングへ

ブレーキレバーを繰り返し握って、ピストンを押し出すのですが、この時に気をつけるのは複数のピストンを均等に押し出すことです。先走ったやつがいたら、そいつは押さえておきましょう。ある程度出てくるとグラグラ動くようになるので手でもはずせます。はずれたピストンは固着したブレーキダストを除去しておきます。



左は掃除の終わったピストン。 右は清掃前のピストンです。



次にブレーキホースをはずせば、今回の分解作業は終了です。ブレーキキャリパーからピストンシールやダストブーツなどのゴム製品を取り去り、パーツクリーナーでキャリパーの内外を洗浄します。

組み立て作業に入ります。新しいピストンシールなどをシリコングリスを薄く塗ってからキャリパーに取りつけます。このピストンシールには方向性があるのが通常だと思っていたのですが、サービスマニュアルにはその旨が書かれていません。ピストンシールのパッケージにも方向性を示すようなものもなく、見た目も表裏を感じさせないので気にせず装着することにしました。





ピストンシールとダストブーツをつけてピストンを挿入。ブレーキパッドが新品なので、しっかり奥までいれておきます。キャリパーは片押しなので、本体可動部のダストブーツも新品に変更のはずだったのですが、2種類あったのに間違えて1種類を2個買ってしまいました。まあ良しとしましょう。





可動部にはシリコングリスを塗って、フェロードの新しいブレーキパッドも組みつけ、フロントフォークにキャリパーを固定しました。

トキコのキャリパーの表面の質感はグッドです。



次にブレーキホースを取りつけます。このブレーキホースの車種設定がずいぶん幅広くて、そんなものなのかなぁと思っていたのですが、取りつけてみて理由がわかりました。バンジョーのねじれ角度が無段階で可変になっているのです。





いいアイディアだけど緩むリスクは増える

指定されたトルクを手ルクレンチで締結。これでブレーキシステムとしては成り立ったのですが、ホースの取りまわしがかなりかっこ悪くなっています。原因はホースがほんの少し長いようです。せっかくワイヤーメッシュホースにしたのに、なんかかっこ悪いってどうなの?



長すぎてかっこ悪いのは、キャリパーの上部のホースを固定する金物の出幅を大きくすれば、解決できることがわかりました。純正よりも7ミリほど大きくするだけで、ホースとフロントフォークが平行な範囲ができ見た目もしっくりくる上に、ほんの少し遠回りになるので、長さがちょうどよくなります。

そのホースを固定する金物は、直径2ミリぐらいこ鉄棒を曲げ加工して作られています。これを新しく作りましょう。早速ホームセンターに買い出しです。



買ってきたのは直径2ミリのステンレスの丸棒です。ペンチを使って、くにくに曲げて完成。純正のホース保護ゴムをワイヤーメッシュホースの直径に合わせて短くしました。取りつけてみると想定通りの収まりのよさと、ステンレスの輝きがスペシャルパーツ感満載です。



つづく



 







コメント
コメントする