main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



駆動系交換が終了

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



駆動系3点を替えるつもりが、ドライブスプロケットのナットをゆるめることが出来ず、駆動系2点交換となりつつある作業の話の続きです。

ドリブンスプロケットに新しいチェーンをかけて、ジョイントリンクを差し込んだところまできました。ジョイントリンクのプレートを圧入します。

このチェーンはシールタイプなので、ジョイントリンクを組み立てる際に、Oリングを入れるのを忘れてはいけません。江沼チェーンのOリングは断面がX型になっていて、チェーングリスを保持しやすくなっています。このOリングに付属のチェーングリスを塗ります。

しかしこのチェーングリスが問題なのです。白いのです。せっかくのブラックプレートが白くモヤッとしています。

なぜクリアじゃなーい!



バイク ブログランキングへ

まあこれは装着後早々に、チェーンと同時に買ったクリアのチェーングリスに塗り替えることにしましょう。


 





チェーンカシメツールのアタッチメントをプレート圧入用のものに替えてチェーンにセットします。ハンドルをおそるおそる回していくと、徐々にピンがプレートに入っていきます。これをどこまで入れるかと言いますと、基準はサービスマニュアルに書かれています。



それは2枚のプレートの外側の距離で、19.85〜20.00mmです。ノギスで測定して基準の長さまで圧入します。

基準の長さまで圧入できました。これで終わりなのかな?サービスマニュアルを見ると、ここからピンを潰すようです。なるほど、これがカシメツールという呼び名の所以なのですね。

さて問題はここからでした。カシメるために選ぶべきアタッチメントがどれだかまったくわかりません。このチェーンカシメツールには説明書がついていないので、W400のサービスマニュアルを参考にこのチェーンのカシメ作業を行ってきたのですが、カシメ用アタッチメントだけは、サービスマニュアルからは推定できないのです。

カシメられるピンは、先端の中心部分がなく、言ってみればパイプ状になっています。このパイプ部分が潰れると考えるのが妥当なのでしょう。これを潰すのに適当なもの。その観点から、ピンより太いアタッチメントを選んでやってみました。

チェーンカシメツールのハンドルをぐいぐい回していきます。かなり締めこみました。見た目は潰れているように見えません。正直、チェーンカシメツールはぶち折れそうです。1度リリースして確認します。ちなみにこの作業の基準は、潰れたピンの先端が5.60〜6.00mmになればOKです。

もう一度締めこんでみますが、ほとんど潰れる気配がありません。いやな汗だけが出てきます。ドライブスプロケットをゆるめることができなかったこととあわせて、駆動系3点の交換はNapsに持ち込むべきですね。

結局アタッチメントの先端を円錐状に加工して、なんとか基準値まで広げることができました。



そして完成です。想定通りのかっこよさ♪ 乗ってみると感動! まるで新車です。 チェーンのノイズ、いや、これはノイズではない。 チェーンノートが心地よい。





 








コメント
コメントする