main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



シートのモディファイ2 その2

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



前回のシートモディファイの記事から、すでに半年以上がたっておりますが、続きの話です。

W650の純正シートのあんこのボリュームダウンと着座位置のスポンジ交換及び整形まで済んでいました。 つづいて新しく張る合皮のかたどりです。

前回はなんとなく、えいやっとやっつけたのですが、今回は、しっかりかたどりしました。 かたどりに使ったのはダイソーで買った、うっすいナイロンです。




バイク ブログランキングへ

張る合皮は前回と同じカスタマイジングです。 今回はシボがはっきりしているやつにしました。



合皮を切り出して、タックロールの墨を出します。 墨は銀ペンで行います。 銀ペンとは革細工のケガキ用に使う、手芸でいえばチャコペンです。 



タックロールの下張りに、かたどりに使ったナイロンを使いました。 同じ合皮を下張りに使うと、シートの仕上がりが硬くなると思ったからです。 これが失敗でした。

まずナイロンが滑って、ミシンの送りがうまくいかず、生地が進みません。 ステッチのピッチを3ミリにしたはずなのに、0.5ミリぐらいです。 これじゃあ生地が切れるっちゅうの! しかもふくらみがナイロン側に全部出て、表は真っ平です。

そうかぁ ふくらみは柔らかい方に出るんだぁ



大失敗もはなはだしい。 ステッチが0.5ミリになったおかげで、これはもう使えません(*´Д`)

残りの合皮でなんとかなりましたが、今回はタックロールにするのはあきらめました。 柔らかいシートがのぞみだったので。


切り出した合皮を縫い合わせました。 今回もパイピングですが、パイピングに使うパイプを今回は自分で作りました。 白いパイプで太いものが売ってなかったからです。

縫いあがりました。 いい感じです。




張り込み作業ですが、前回はベースがFRPだったので接着剤を使用しなければならず、かなり苦労したのですが、今回は純正シートなのでベースはABSかなにかです。 タッカーでばしばしできるので楽ちんです。 ただ、持っていたタッカーは弱弱しかったので、新たに購入しました。





できあがりはこんな感じになりました。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 マックス ガンタッカ TGAN
価格:5896円(税込、送料無料) (2017/11/13時点)








コメント
コメントする