main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



ウィンターグローブ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


グリップヒーターは天国だ。

そう感じられはしたものの、実はまだ気になる点がありました。 親指がどうしてもかじかんでしまうのです。 ナックルカバーの取りつけ高さを調整して、親指に当たる風を軽減させてはみたのですが、あまり効果はありませんでした。

バイク用のウィンターグローブにすれば・・・

いま使っているグローブは、スノボをやるときに買ったものです。 防寒に関してはそこそこかもしれませんが、防風に関しては、おそらくそれほどの性能を持っていないのでしょう。 そもそも立体縫製じゃないからグリップを握りづらいということもありました。

ウィンターグローブを買いに会社の近くの南海部品に行きました。

以前ナップスでいろいろと試着したときに、RSタイチのグローブがいいと感じていたのですが、今ここで試したものはあまりしっくりきません。 

ぼくが考えるグローブ選びの最大のポイントは、親指のゆとりです。 親指はブレーキング時に荷重がかかりがちになるので、ゆとりがないと圧迫感が生じます。 これが血流を妨げるため、痛みやかじかみを生むのです。 

親指の先がブカブカでも、操作性にはほとんど影響がないので、親指のゆとりは絶対に必要です。 

その点を考慮してグローブを選んでいると、やや大きめのサイズを選ぶことになりますが、それに伴って当然のことですが、他の指の先にもゆとりが出てきます。

他の指は(小指はそれほどではないが)指先にゆとりがあると、その部分がレバーにひっかかってしまうので、操作性が下がります。 ですが操作性のじゃっかんのスポイルには目をつぶることにします。 操作性の悪さは我慢できますが、親指のきつさは運転自体に嫌気がさしてしまいますから。


いくつも並んでいるグローブの中から、「これだ」というものが見つかりました。 GOLD WINの ゴアテックス ライディングウォームグローブです。 余談ですが、つい最近まで、GOLD WINというのは、ホンダのライディングギヤブランドかと思っていました。 実は今の今まで、GOLD WINGだと思っていたのですから(笑)



この ゴアテックス ライディングウォームグローブを選んだ理由は、

1 親指にゆとりがありながら、全体的なブカブカ感がない

大事です。

2 指先防風

指の外側にルーバーがついていて、風を遮るようです。 このグローブのルックスに最も影響している部分です。 なんちゃらアーマーって感じでかっこいいのです。 少々若いデザインな気もしなくはないのですが、ギリセーフです。



ただこのルーバー、片端しか開放されていません。 平たく言えばポケットになっています。 これは雨が降ったら、水がたまらないだろうか? かなり疑惑です。 価格はほぼ1万円。 南海部品のお正月1000円チケットを利用して購入しました。




使ってみて

指先防風はかなり効果があり、親指のかじかみは気温が2度でもありませんでした。 もちろんナックルカバーがあり、グリップヒーターが可動している状態ですが。 それより寒い日には乗っていません。

操作性に関しては、アクセルワークに問題はないのですが、クラッチコントロールがもどかしくなりました。 ただ、これはクラッチの遊び調整を調節したら感じなくなったので問題ないのでしょう。

操作性が悪いと言い切れる状況は、操作中に使う指の本数を変えたいときです。 3本でクラッチ握ってたけど2本にしたいときとか、1本でブレーキかけてたけど、3本でしっかり握ろうとかするときに、指先のゆとりがレバーにひっかかります。 まあこれは仕方ないかな。

やっぱりオートバイ用のグローブはいいですね


今日の逸品はこれ


バイク ブログランキングへ







コメント
コメントする