main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

シートのモディファイ その6

JUGEMテーマ:Kawasaki W400

表皮の縫製が終わったので、ついにベースに張る作業です。 その前に、防水のためのビニールシート巻きです。 このビニールは用意していなかったのですが、ウレタンを購入したときに、ウレタンが入っていた袋の再利用です。 
このビニールの役割は防水だけでなく、表皮の張りこむときに、滑りをよくしてくれる効果があります。 試しに無しで張ろうとしてみましたが、うまく表皮が伸びませんでした。

入れない方がいいという情報もありますが、WMオリジナル状態でもはいっていたし、縫い目から水がしみてくるのは絶対さけたいので、今回は入れることにしました。







以前の記事でも言ったように、WMのシートベースはFRPかなにかなので、タッカーの針がささりません。 表皮は接着剤で固定します。 そんなので表皮を伸ばしながら張ることなんてできるのだろうか? じゃっかん不安が残ります。 なので、しっかり前処理。 がっつりサンドペーパーで接着面を荒らしておきます。



その作業中にベースの割れを発見。 今回は見逃してやろう・・・



前処理完了。 表皮をシートにくるみます。



接着剤は「G17」です。



まずはシート前後を接着します。 



前後を固定したら、全体的に左右に引っ張り込んで、仕上がり具合を確認します。 タッカー留めだったら、仮留めしていけるのでしょうが、接着剤はそうもいきません。 引っ張り込んで、いい感じのところでチャコペンでしるしをつけたら、片方ずつ本張りしていきます。

接着中の固定は洗濯バサミです。 洗濯バサミはたくさんあったほうがいいです。



正直うまく、しわをとりきることができませんでした。 敗因は、表皮の縫製パターンを、もっと生地を伸ばした状態で考えなければならなかったところにありました。 次回の教訓にしたいと思います。



できあがりは、こんな感じです。






今日の一品はこれ


バイク ブログランキングへ







コメント
コメントする