main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



シートのモディファイ その5

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


パイピングによって縫い合わせるのですが、パイピングと合皮がずれないように縫うのは非常に難しいです。 マチバリだと厚みがきびしい。 小さいクリップでもあればよさそうですが、それもない。 ということで今回は両面テープでやることにしました。

両面テープでやるときの注意は、針が通るところに両面テープを貼らないことです。 針が両面テープ部分に落ちると、途端に針の進みがとまります。





使ったミシンは、ジューキの職業ミシンSPUR98です。 この程度の厚さなら、家庭用でもらくらくできると思います。 今回はパイピングのために片押さえを購入しました。




ところで合皮の採寸と型紙ですが、今回は型紙なしのフリーハンドでつくりました。 正直、この作業のころに軽く挫折していたというか、うまくいかないのでは? という気持ちになっていたのです。 

1枚張りなら簡単ですが、縫い合わせたものを伸ばしながら張るというのは、経験がないので成功のイメージが湧きません。 先の見えない作業は、やる気をそぐものです。

ここで最大の難題が。 片押さえはパイピングを片側にしかもってこれません。 ということは、はじからはじまで縫いきるしかないのです。 メインパーツとサイド部分を中央で合わせて、はじへ縫いすすめることができないということです。 

こんな時は中央の合う部分から、縫い合わせる想定で指で生地を押さえていき、スタート部分を確定します。 ところがこれでうまくいくことはかなりまれです。 特に今回縫う部分は立体的な接続部分なので特に難しいのです。

途中に確認用の合マークをいれて縫い始めたのですが、その合マークでは5ミリほどずれました・・・ ええい ままよ と縫いすすめると、なんと中間地点ではほぼぴったり♪ そこから先はなんの心配もなく塗ったのでした。


ちなみに縫いは1ミリほどずらして2度縫いです。 これはWMのシートがそうだったので真似てみました。 強度アップのためではないかと思われます。




まだまだ安心できませんが、ひとまず縫い合わせは完了です。




今日の一品はこれ




バイク ブログランキングへ







コメント
コメントする