main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



完成 サイドバッグ for W400

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


生地を切り出したあとは、平日の夜にほんの少し、休日をしっかり使って、チクチク縫いすすめました。 布の制作物って、最後にどこを縫って収めているのか、とても感心してしまいます。 今回は縫う順番を練りに練ってあるので、縫製作業は順調に進んでいきました。

と、言いたいところですが、縫い目が汚くなって、縫ってはほどき縫ってほどきの連続に、痛い肩がさらに痛みます。 防水生地に防水ジッパーの組み合わせは、針が刺さっていかないときがあるので、手でアシストしてあげることもしばしば。 

もっとも厚い部分は、

 防水生地
 裏地
 ポリ芯 
 防水生地
 1mm厚のテープ
 1mm厚のテープ
 1mm厚のテープ

これはきびしかった・・・

この状態になったところで、それまで使っていた家庭用ミシンをあきらめて、ジューキの職業用ミシンにバトンタッチ。 ただ、職業用にしたところで劇的に貫通力があがる感じはしません。 まわしていけば、ガンガン進みますが、慎重に進めたいときはむしろ家庭用の方が? と思わせることもあります。

正面、裏面、蓋ができたところで、それらをつないで、Wへの装着状態の確認をします。



いい感じです。

バッグ制作も最後の段階、正面、裏面にまちを取り付けます。 仮にマチバリで合わせてびっくり! 大きさが合いません。 どうやら正面パーツを型紙から切り出すさいに、ちょっと大きめに切ってしまったようです。 ここは合わせる部分をずらして解決なのですが、チャックやポケットが生地のはじまできていたので無理かと思われましたが、ぎりぎりセーフ。 今後は、切り出してからチェックが必要ですね。



縫い合わせる部分にはバイアステープを使うのですが、ナイロンのバイアステープは、10mmのものしかなくて苦労しました。 結果論で言うと、ナイロンである必要はなかったです。 次回作は13mmのもので余裕の作業をめざしましょう。




完成です♪



サイズはA4がすっぽり



中には靴下が縫い付けられていて、ワインの瓶ををホールドします。 



初めに描いたデザインスケッチとの比較です。



ほぼデザイン通りです。 正面左下のジッパーは、閉めたときにスライダーが下にくるようにしました。 これは、雨への対策と、重力で自然と開いてしまうのを避けるためです。 まあ、自然に下がるようなゆるさはまったくありませんが。


完成したので早速防水試験です。 台所で水道水を直撃。 さすがの防水生地。 水をしっかりはじいています。 ところが中をみてびっくり・・・ 蓋をとめたり、バイクに固定する用のベルトが吸水するため、そこの縫い目から水が思いっきり沁みているではありませんか。





ショック・・・


これでは雨の中、なにもかぶせずに走り続けることは、おそらくできないでしょう。 



まあ いっか。 

気を取り直して、Wにつけにいってみましょう。



あれれ なんだかてろんとしていますよ・・・



下の方は内側に折れて、ホイールに当たっているような・・・

(/・ω・)/

バイク ブログランキングへ







コメント
コメントする