main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



PET板を熱して曲げる -シートを0から作る-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



木型が完成したのでPET板を購入しました。アクリルサンデーというメーカーの450ミリ×900ミリで厚さは3ミリのものです。この大きさはなかなかホームセンターでは置いていません。

こいつをヒートガンで熱して軟らかくして、木型に密着させます。作業工程を動画で撮ったのでご覧ください。



思った以上にうまくいきました。






今回のPET板はこれ


 




バイク ブログランキングへ







シートベースの木型ができた -シートを0から作る-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



材料も揃ったところで、シートベースの木型の製作を始めました。

というか始めようとしていきなり問題発生。計画では左右のフレーム間に梁となる気を渡し、その梁に薄板を張りつけて面を作るつもりでした。このやり方だとシートベースの角が丸くできないのです。上からスポンジ貼るから角張っててもいいんじゃない? と思えるかもしれませんが、角は絶対丸い方が内ももに優しいはずです。

さてどうしよう?

また製作方法から考えなくてはいけません。しばらくシートレールを眺めてふと気づきました。左右のフレーム間に木を渡すのではなく、フレームの上にフレームに沿うように木を置きます。この木とは30×40ぐらいのものです。その木と木に薄板を張って面を作り、角となる部分は丸く削る余地があるので丸くできます。

よし この方法で行こう!


バイク ブログランキングへ







シートを作ろう! -シートを0から作る-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



シートの形が納得いかない

純正シートのスポンジを削って自分の好みに整形し、表皮を張り替えた現在のシートですが、今ひとつ両手を挙げて気に入ってるとは言えない状態でした。純正シートのベース利用では、ぼくの求めている形にはならないのです。

ぼくの求めている形というのは、第一にシートレールが見えていなければいけません。ところが純正シートベースは、シートレールを包むような形なのです。ぼくが求めている形にするには、シートベースから作らなくてはならないのです。

シートベースの自作と言ったら、FRPが常套手段でしょう。しかしFRPはタッカーの針が刺さりません。初めてのシートモディファイはWM製のシートで、ベースはFRPでした。FRPは表皮を接着剤で張りつけます。これはとても作業が面倒なのです。だからどうしてもタッカーを使える素材にしたいところです。

バイク ブログランキングへ







50000キロ越えた ブレーキ交換だ! -フェロードは効くのか?-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



フロントブレーキ周りの交換作業の話の続きです。

キャリパーやブレーキホースなどの固体の装着が完了したので、液体のブレーキフルードを入れます。用意したのはカワサキ純正ブレーキフルードと内径6ミリの透明チューブ、それとブレーキフルードを受けるペットボトルです。



エアー抜き用のニップルに透明チューブをはめて、リザーブタンクにブレーキフルードを注ぎ、ブレーキレバーを握ります。握ったままニップルをゆるめてブレーキフルードをキャリパーの方へ進めていきます。

はじめのうちはなかなかブレーキフルードが進まないので、ホースの先端を口に加えて吸い込みます。注射器みたいので吸うと安全です。


バイク ブログランキングへ







50000キロ越えた ブレーキ交換だ! -前輪編-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



リヤブレーキに続いてフロントブレーキ周りの交換を始めます。交換するのはブレーキホース、ブレーキパッドです。ついでに5万キロになった今まで、まったくノーメンテナンスだったブレーキキャリパーのオーバーホールと、ピストンシールやブレーキフルードも交換します。



まずはブレーキキャリパーをフロントフォークからはずします。ブレーキパッドをはずして厚みを確認すると、ほぼ交換推奨厚になっていました。ブレーキパッドがはずれたらキャリパーのピストンをはずすのですが、手で引っ張り出せません。プライヤーなどでやるとピストンの表面に傷がつき、ブレーキフルードが漏れ漏れになってしまうので決してやってはいけません。エアーガンで押し出すのが常套ですが、それもないのでブレーキフルードで押し出すことにします。




バイク ブログランキングへ

続きを読む >>






| 1/6PAGES | >>