main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



大型自動二輪一発試験 合格のポイント

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



大型自動二輪一発試験をまとめておきます

かかった費用

(試験手数料2600円+試験車使用料1450円)×3回=12150円
交付手数料2050円
駐車場代700円×2回=1400円(Wで行った2回は無料)

合計15600円


かかった期間

事前審査から、ほぼ最短で予約して1か月と3週間
※新コロナウイルス緊急事態宣言中のため、受験者を絞っていたという情報もあり


合格率

全3回における受験者数14人の中で、合格したのは2人。合格率はおおむね14%。
あくまでも参考的な数字と思ってもらいたい。

試験に落ちている理由


バイク ブログランキングへ







大型自動二輪一発試験 3

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



二俣川での大型自動二輪一発試験を受験中の話の続き。
過去記事
大型自動二輪一発試験 1の1
大型自動二輪一発試験 1の2
不合格後の対策 -大型自動二輪一発試験-
大型自動二輪一発試験 2


2回の不合格を受けて、合格に向けての課題はこれ。

スラロームを極める

2回目の試験でダメだった課題はスラロームと波状路だ。波状路はもっと遅く走るのはおそらく難しくないので放っておこう。よってスラロームをなんとかしなければならない。

ただWでそのまま練習するのも今ひとつ練習にならないので、タンクの上に重りをつけて、重量感をNCに近づけることにした。2リットルのペットボトル2本なので4キロ増加。たいしたことないけど、何もしないよりかはまし。



こうして3回目の試験にのぞんだのである。


バイク ブログランキングへ







大型自動二輪一発試験 2

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



二俣川での大型自動二輪一発試験を受験中の話の続き。
過去記事
大型自動二輪一発試験 1の1
大型自動二輪一発試験 1の2
不合格後の対策 -大型自動二輪一発試験-

今日は2回目の受験。前回と打って変わってドピーカン。きっとぼくの合格を祝福してくれるために違いない。

今日はWで試験場に来たのだが、時間が無くておさらい的な走りが全く出来なかった。8時半過ぎに技能受付に到着。すでに受付は開始していて、列ができている。ソーシャルディスタンスを保って最後尾につく。

受付終了、受験番号は5番で今日も1号コースだ。ラッキー

もうコースは頭に入っているので、このブログの記事を書きながら待機。前回よりも早い時間で試験官がやってきて試験の説明をする。どうやら前回と同じ試験官のようだ。


バイク ブログランキングへ







不合格後の対策 -大型自動二輪一発試験-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



二俣川での大型自動二輪一発試験を受験し不合格だった。
過去記事
大型自動二輪一発試験 1の1
大型自動二輪一発試験 1の2


試験を受けて感じたこと。それは大型自動二輪免許を持っている人はすごいなってこと。街で大型のバイクとすれ違うと、尊敬 言い過ぎてしまえば畏怖を感じる。

次の試験までにやれることを考えよう。まずはステップとウィンカーの位置の違いだ。特にウィンカーの位置の違いは、ホーンが鳴ってしまい、そのことで減点されるかどうかは別として、無用な心配りをせねばならず、なんとかしておきたい。技術的なところでは、どうにもならないスラロームの下手さ、それに通じるNCとWの重さの違いもどうにかしてみたい。


バイク ブログランキングへ







大型自動二輪一発試験 1の2

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



二俣川での大型自動二輪一発試験受験の一回目の二話目。一話目はこちら

一人目の受験者が波状路で足をついて終わってしまった。小型の試験をはさんで二人目は完走。見た感じはそつなく走っていたので、もしかしたら合格かもしれない。次の小型の試験が始まったので、ぼくの慣らし運転の番がやってきた。

試験をイメージして安全確認から始める。バックミラーはなぜだか右しかついていない。エンジンをかけ、後方を確認してNCを前進させる。

二速に入れようとした左足が、滑って空振りする。ペダルの出幅がWより小さい。ウィンカーを右に出そうと左手の親指を操作するといきなり「ビー」とけたたましくホーンが鳴った。
Σ(;´Д`)びっくりするじゃん。どうやらウィンカーのスイッチの位置がWと違うようだ。


バイク ブログランキングへ

続きを読む >>






| 1/2PAGES | >>