main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



欲望のおもむくままにマフラーを交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



マフラーを替えてみたい

今までそんなことは思っていませんでした。今ついているWM(ウェリントン)のメガホンマフラーのエキパイ部分のRと、そこから地面と平行に伸びるまっすぐっぷりに惚れていたからです。

替えてみたくなったきっかけは、サイレンサーだったのかもしれません。ヤフオクを巡回中に目に留まったヨシムラのスリップオンサイレンサー。後ろにゆるやかにテーパーで広がり、ヘキサゴンというのですか五角形の後部のやつがなんともかっこよくて。

なんかどうしてもこのサイレンサーを着ける方法はないだろうかとW用のマフラーを検索してみました。そこでみつけたのがイージーライダースのマフラーです。これはW用としては珍しい集合管タイプでした。集合管ならサイレンサーは一つだけで済みます。


バイク ブログランキングへ







ついにシート完成! -シートを0から作る-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ついにシートの表皮を張ります。まずは革選び。革と言っても合皮です。

合皮の購入は過去2回はカスタマイジングというショップでしたが、今回は布百選というショップでしゃれた合皮を発見しました。ちょっとこすれた感じのアンティーク調のものです。

しかしその合皮が届いてちょっとびっくり。思ったより灰色だったのです。まあ、グレーと書いてあったから灰色であって当たり前なのですが。


気を取り直してこの合皮で作ることにしましょう。

今回のポイントはただひとつ! それはタックロール 前回タックロールをつくろうとして裏地に薄っぺらい布を使ったおかげで、生地は滑って送られずステッチが0.1ミリぐらいになってしまうわ、タックロールのぷっくりがまったくできないわと、大失敗したのです。


バイク ブログランキングへ







シートベースにスポンジを貼る -シートを0から作る-

シートベースが完成し、スポンジを貼っていきます。その前に一度Wに取付けて、シートの形状を考えます。



イメージは、後部から直線的に盛り上がった線と、ライダーの座面からゆるやかに立ち上がった線がシート長の後ろ3分の1ぐらいで結ばれるものです。その場所に印をしておきましょう。



忘れていたことがありました。タンクの取り付け部にスペーサーをかませて、タンクを少し高くしようと思っていたのです。今のままだとシートベースにぶつかってしまうので、この部分を少しあぶって曲げておくことにしました。






バイク ブログランキングへ







シートベースがようやく完成 -シートを0から作る-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



間に構造変更検査の話をはさみましたが、シートづくりは、ベースとなるPET板をヒートガンで熱して木型に合わせる作業まで進んでいました。できあがったベースをWにつけて微調整をします。



大きな調整は取付金具の部分です。ここは車体側の保持金具と、シート側の取付金具が密着すると思い込んでいたのですが、実際は8ミリほどの隙間があったのです。


バイク ブログランキングへ







ようやく検査ラインに入る -構造変更検査を受けに行く-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ハンドルを交換して車幅が狭くなり、湘南自動車検査登録所に構造変更の検査を受けている話の続きです。

スピードメーター検査の前に検査員のお兄さんが変わりました。

「では前進してフロントタイヤをあのローラーに乗せてください」

いやいやフロントタイヤって君きみ。先輩の話は聞いていなかったのかね? スピード検出は後輪だってば。

「スピード検出は後輪ですよ」

と笑顔でぼく。するとお兄さんは

「まずは前輪ブレーキからです」

なるほど( ̄▽ ̄;)


バイク ブログランキングへ

続きを読む >>






| 1/17PAGES | >>